flowers and vessels


器:伴哲生  十川賀菜子  東亨

花:谷脇青水 高見恵苑 正田康穂 

溝野悠悦 丸井恵水 中塚拍麻

  阿久津康子 塚本丹里 佐々木海苞 

野村右範 小杉恵梨 関屋晴苑 坂根恵悦

日時 前期 2017年11月10日(金)〜11月12日(日)

   後期 2017年11月17日(金)〜11月19日(日)

   12:00〜19:00 入場無料

三人の出会いは、5年ほど前、其々の関係からみささぎ流家元のお花を習ってみたいと、主水書房に触れた事から始まります。それから、生け花を離れ、錫、ガラス、廃材と、それぞれが素材を異にしながら、造形を深め活動を続けていたなかで、この度の主水書房の再スタートに、一度お花を経験した3人として器展をしてみてはどうかと、企画させて頂きました。

三人の器を花器として見立て、みささぎ流の門下生に、花を生けて頂きます。

魂の入れ物としての器、人、船などの意味を含むvessel"

それを花器として見立て花が立てられた時広がる枝の群れから、新たな火種を感じていただければと思っております。

器に魂が宿り花が咲く事を願って。

伴哲生

1982年大阪府堺市生まれ

錫を使った生活で使える食器を作っている中、今回の展示にあたり、長年気になっていた石をモチーフに花器の制作を試みる。

十川 賀菜子

1986年 大阪府生まれ

ガラスの粒を石膏型に鋳込む、キルンワークという技法を活かし、壁面の作品をメインに制作している。

ガラスの表面には墨や箔、胡粉などを用いて、幼少の頃より神秘的で惹きつけられる存在の植物をモチーフとし、強く美しく変化していく様と同時に、儚さも描いている。

https://www.kanakotogawa.com

東亨

1988年三重生まれ。大阪在住。

路上で採取した銅板やブリキ、錆びた鉄といった都会の漂流物を素材として、「てっかり」を制作する。

てっかりは、香具師(露天商)の隠語で金物や照明を示す。

作品は完成形を予想せず、素材と向き合いながら制作する。

できるだけ、素材を引き出すことを意識する。そのため、大袈裟な道具や工房は持たずに、工芸の要因を引き出す作業を試みる。


特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square