主水書房について

主水書房は花道みささぎ流家元の片桐功敦(かたぎりあつのぶ)が主宰するオルタナティブスペースです。2005年のスタート時以来、一貫してアーティストと共に展示空間を手掛けることを旨に運営をしてきました。これまでに写真、絵画、工芸、いけばな、音楽、演劇と様々なジャンルのアーティストの方々が記憶に残る展覧会を開催しています。

会場となる日本家屋の特性を生かしたサイトスペシフィックな展示と会場から望める庭の調和もまた主水書房の楽しみ方の一つです。

ゆったりとした気持ちで展示作品を鑑賞することで気づく新しい発見や、作家のメッセージもあると思います。

もしご来場の際は時間の許す限りゆっくりとお過ごし下さい。

​主水書房 片桐功敦